改正FIT法|太陽光の認定取消を回避する手続きと義務

固定価格買取制度(FIT)が導入されてから5年が経過しました。制度導入後、再生可能エネルギーの設置量は大幅に増えましたが、同時に様々な課題に直面することとなりました。これら課題を少しずつクリアにしていかなければならないことから、2017年4月1日より「改正FIT法」が施行されております。

これまでは太陽光発電設備を認定する「“設備”認定」でしたが、改正FIT法では「“事業計画”認定」へと変更になります。

太陽光発電を設置される方は全て「発電事業」者であり、責任をもって発電設備を管理運営することが求められるようになります。

平成24年4月1日以降に設備認定を実施された方々はすべて対象となり、発電事業者としての登録を行っていただく必要がございます。

手続き未実施の場合、認定を取り消されてしまう場合も。詳しくはコチラをお読みください。

住まいのことなら何でもお問い合わせください