脳神経外科医 金彪様邸での低炭素住宅実現へ

脳神経外科医金彪先生宅での低炭素住宅実現に向けた取り組みを実施させて頂きました。

先生の思いとして、この低炭素住宅の実現に当たり、昨今の地球温暖化防止への取り組みの一助としたいこと、また、電力会社からの電力を極力購入せず電力の自給自足を実現をしたいという事がありました。

 

現在、これらを実現するには、太陽光発電はもとより蓄電池という組み合わせでのソリューションが一般的です。しかし、蓄電池の容量と価格のバランスを考えた場合、電気自動車うまく使用するという選択肢もあります。

住まいのことなら何でもお問い合わせください