IHクッキングヒーターのメリットとデメリット

ガスコンロは火、IHは磁力誘導により鍋自体を熱することにより加熱します。

どちらにもメリットとデメリットがあり、今後はIHクッキングヒーターのデメリットも改良されデメリットでなくなっていく可能性もあります。メーカー側の主張をそのまま書いてしまうと、どうしても偏りが出てしまうので、実際に利用されているの方がインターネットなどに公開されている情報を元に、メリットとデメリット(向き不向きなどを含め)をまとめてみました。

ガスコンロ

メリット

  • 鍋や使う器具に制限がない
  • フライパンや中華鍋等で、あおりながら火を当てる事ができる
  • フライパンを振っても加熱可能、部分的な加熱が可能
  • 火加減が目で見てわかるため、火力調整が直感的にできる
  • 全てのコンロを同時に使うことができる
  • 災害時など、ガスが生き残ることがある
  • IHに比べ導入費用が安い

デメリット

  • 紙、布などに燃え移る可能性がある
  • 掃除がしにくい・面倒
  • 調理時に調理場が暑くなる
  • 実はIHより加熱が弱い
  • 光熱費が高め
  • ガス漏れ・一酸化炭素中毒の恐れがある
  • タイマー機能などがないため、近くにいないと心配
  • 弱火調理の際には、覗き込んで火加減を見る必要がある
  • 風に弱いので、弱火調理の時には扇風機などとの使用は危険

IHクッキングヒーター

メリット

  • ガスより加熱が早い
  • 火力が強い
  • キッチンが暑くならない
  • 清掃が容易
  • 他のものに燃え移る心配が無い
  • ガス漏れなどの心配がない
  • オール電化プランが選択可能で光熱費を抑制できる
  • ガス中毒の心配がない
  • タイマー機能がついているためその場を離れても安心
  • 弱火調理も強火も指一本で設定
  • 温度過上昇防止機能

デメリット

  • 使用できる調理器具に制限がある(鍋など重たいものが多い)
  • 加熱が見てわかりにくく、不意な火傷の可能性がある(機種による)
  • あおる時に火力から鍋が離れる
  • 災害時に電気と一緒に止まる(停電時には使用できない)
  • 同時使用に制限がある
  • 導入費用が高い
  • 直火での炙りなどできない

 

2020年問題として省エネルギー法が施行され、新築住宅はオール電化はあたりまえになり、いわゆるゼロエネルギー住宅がどんどん推し進められることになると、基準値に満たない住宅は、高々数年でその資産価値が失われてしまい、建築にかけた費用が、大げさに言えば紙くずのような評価をされてしまう可能性があるわけです。あと数年もすればPCがいまや手軽な価格で手に入れられるようになったように、IHクッキングヒーターをはじめとした省エネ電化製品は手軽に手に入れられる商品となって巷にあふれることになるのではないでしょうか。もちろん、それまで待つか?という選択肢もあるにはあると思うのですが、2020年までに新築住宅を考えているのであれば、資産価値が減らないように、今のうちに省エネルギー化に取り組んでしまうという方法は決して、悪い選択肢ではないような気がします。

IHクッキングヒーターの火加減の目安

共通しているのは火加減は慣れれば大丈夫とのことです。

加熱が早く火力が強い分、調理時間も短時間で済むというメリットもありますね。

火力が求められる調理には、ある意味向いているのかもしれません。

まとめ

清掃の容易さや、災害時などの安全性や便利さについてはIH側がメリットが高そうですが、今までガスに慣れている方や、火加減などで中華料理など、あおる料理が多い場合には、ガスコンロの方が使いやすいということになりそうです。

 

住まいのことなら何でもお問い合わせください