エコキュートのメリットとデメリット

今まではお風呂はガスで沸かすのが一般的でした。エコキュートは電気で沸かす仕様です。どちらにもメリットとデメリットがあります。今後はエコキュートのデメリットも改良されデメリットでなくなっていく可能性もあります。メーカー側の主張をそのまま書いてしまうと、どうしても偏りが出てしまうので、実際に利用されているの方がインターネットなどに公開されている情報を元に、メリットとデメリット(向き不向きなどを含め)をまとめてみました。参考にしてみてください。

メリットとデメリット

メリット

・電気代の安い深夜の電力を使うので電気代が安い

・断水時などにはタンク内の水を非常用水として使える

・停電が起きてもタンクから水を取り出すことができる

・メーカーが豊富でより自宅に合った製品を選べる

・ヒートポンプシステムでお湯を沸かすので空気を汚さず、環境に優しい

・エコキュートは床暖房と連動させることも可能

・運転音が静かで気にならない

・オール電化住宅の設備として取り入れ最適な料金プランを設定すれば、さらに光熱費の節約になります。

デメリット

・すぐにはお湯が出ない

・使いすぎると湯切れが起こる

・故障しても自分の手では直すことができない

・深夜に低周波の騒音を起こす可能性が有る

・空気の熱を利用するため、冬は効率が下がり、光熱費が上がる

・ユニットの設置スペースが必要

・夜間に使用する電気は安く設定されているが、昼間使用する電気はやや割高に設定されている。

エコキュートのランニングコスト

環境にやさしいエコキュート

エコキュートはヒートポンプを使用します。空気や水の中にある熱をくみあげて移動させることで、冷やしたり暖めたりすることができます。なぜエコキュートは環境に優しいのでしょうか。それは、空気の熱を使うからモノを燃やさない→モノを燃やさないから、二酸化炭素が発生しない、といった仕組みにあります。また電気温水器などに比べると少ない電気でお湯をわかすことができます。環境にやさしいのはもちろん、お財布にも優しいのがエコキュートなんです。

 

まとめ

電気代が安くなる。省エネであるなどのメリットを考えればエコキュートの導入は便利だと思います。エコキュートと併用してIHクッキングヒーターを取り入れる「オール電化」住宅はこれからの暮らしを快適にしてくれる技術です。エコキュートを導入検討している方は、オール電化の「スマートエコハウス」で実際のモデルをご覧になってもらうこともできます。疑問点がありましたらスタッフがお応えしますので、是非ご相談ください。

住まいのことなら何でもお問い合わせください