消防設備

消防設備の設計・施工

消防法によりオフィスから工場、一般住宅等のさまざまな建物の用途、面積、構造など消火設備の規定が定められ、消火設備の設置工事を行います。

屋外消火栓設備工事

消火対象物の半径40m以内に消火設備の設置工事を行います。装置は、水源・消火ポンプ・配管、消火栓ボックスで、消火栓ボックスは取り付けた起動装置によりポンプが起動し、消火栓ボックス内のノズルより放水する設備です。


屋内消火栓設備工事

消火対象物から半径25m以内に消火設備の設置工事を行います。装置は、水源・消火ポンプ・配管、消火栓ボックスで、消火栓ボックスは取り付けた起動装置によりポンプが起動し、消火栓ボックス内のノズルより放水する設備です。


連結送水設備工事

高層ビルや地下街など、消防活動時に消防ポンプ自動車からホースの延長が難しいため、建物内部に配管設備と放水口を設置します。主管と枝管を配管し、放水口は階段室に設置します。


スプリンクラー設備工事

スプリンクラーは普段使うことのない装置ですが、火又はその熱で室内の感知部分が溶け、自動的に加圧された水が噴霧し、被害拡大を伏せぐ重要な設備です。


泡消火設備工事

泡消火設備は、泡被膜による窒息効果と冷却効果で、水又は粉末による消火が期待できない場所に設置されます。泡消火設備は水源、加圧送水装置、泡消火薬剤貯槽、比例調合装置、泡放水口、泡消火栓、泡モニターノズル、泡ヘッド、感知ヘッド、配管。弁類、非常電源などから構成されます。


消火器設備工事

消防法では、火災は3種類に分類されます。紙・木・繊維・樹脂など固形物が燃える火災、油・ガソリンによる火災、電気設備の火災。施設後ごとに想定される火災に対して消火設備の設置が定められています。


住まいのことなら何でもお問い合わせください