自電・自足プロジェクト

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスのイメージ

経済産業省の資源エネルギー庁が提唱するネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)をご存知ですか? ゼロ・エネルギー・ハウスとは、年間の正味(NET)に消費する電力量を、発電と売電などの電力量で相殺する住まいを指します。KODENのソリューションである自電自足の家=スマートエコハウスが目指しているのがまさしくZEH(ゼッチ)です。

  年間に使用する電力量
年間に発電する電力量
  ゼロ

2020年問題

具体的には、昼間に太陽光発電で電気を創り出したり、夜間の安い時間帯に創蓄連携システムで蓄電した電気を、HEMSを使って経済的に使い、余った電気は電力会社に売電することで、住まいにかかる電気代をトータルでゼロまたはプラスにしようという考え方です。国は2020年までに標準的な新築住宅をゼロ・エネルギー化することを目指しています。


つまり2020年以前に新築を考えられている方は、対応していなかった場合、2020年に新築の家にも関わらず資産価値が下がってしまうという話が出てきています。それまでに未対応の建物を建ててしまおうと考えられている方がいる場合、目減りしてしまう資産価値と、ゼロ・エネルギー対応住宅を建築される場合の差額を予め計算しておいた方が良いということになります。

 

※標準化されるとなった場合、太陽光パネルなどが義務化されるため、施工費用を初めとするパネルの価格なども安くなるという可能性もあります。(買わなくてはならないとなれば、価格競争が生まれるため)ここは悩ましい問題ですね。

停電時でも安心

V2Hだから出来ること

EV車(電気式自動車)なら何でもよいわけではない!

 

ビークル・トゥ・ホーム(日産リーフ+EV用パワーステーション三菱V2H)を取り入れたスマートエコハウスでは、災害時に万が一停電しても、電気自動車(EV)に貯めた電気が生活をバックアップします。停電を察知し、外からの入電を切り、V2HでEVからの電気の供給に自動で切り替えます。太陽が照っていれば、停電中でも太陽光発電システムからEVへの再充電が可能なので、停電の場合でも安心です。また家庭内の通常のコンセントで、最大約6kWまで使用可能です。

住まいのことなら何でもお問い合わせください