太陽光発電のメリットとデメリット

太陽光発電のメリット

太陽光発電の大きなメリットといえば売電と省エネでしょう。これ以外にもたくさんのメリットがありますのでご紹介します。

☑ 光熱費を削減できる(家庭の場合)

 売電(電気を売ってお金に変える)できる

 断熱効果upと屋根材の劣化を防ぐ

 クリーンなエネルギーでエコ

 無尽蔵なエネルギーだからなくならない

 燃料代がかからない

 災害時(いざという時)は発電した電力を使用できる

 節電効果を高められる

 設置費用が安くなってきている

 設置場所を選ばないなど効率性

 夏涼しく、冬暖かい家になる

 メンテナンスが比較的簡単

太陽光発電のデメリット

☑ 発電量は日射量に左右される

 夜間の発電はできない(曇りや雨の日は多少発電します)

 変換効率が低い

 金銭的なリスクがある

 天候に左右されて発電量が一定ではない

 持ち家じゃないと設置できない上に家を売りづらい

 メンテナンスが必要(保証期間内は無料)

投資としての太陽光発電

大きな被害さえなければ、他の投資に比べれば圧倒的にローリスク・ハイリターンを見込めるのが太陽光発電の魅力です。ただし太陽光発電が爆発的に普及した場合には、売電価格が下がってしまうということは十分に考えられます。ですが、電気自動車の普及に見るように、電気に変わるエネルギーが見つからない限り、今後もエネルギーの需要はなくなることはありません。
仮に、売電価格がゼロになったとしても、今と同じ生活をする上で太陽光発電によって電気代金がかかることはありません。10年後20年後を見据えた時、今よりももっと効率の良い太陽光発電やそれに変わる発電システムが生まれているかもしれませんが、これまでの経緯を見ればわかるように、その時代、その時代の新しい技術は、やはり高額であり、最初は手が出せない価格で販売されることでしょう。その時に旧製品が安く販売されるかといえば、PCを例にとって見ればわかるように、旧式を欲しがる人はごく一部になっていることでしょう。
まだ普及が一般的ではないこの時代に、太陽光発電を検討するということは、まさに未来への投資であり、低炭素時代の貢献であることもとても重要な価値だと思います。

当社の取り組み

当社は電気事業の自由化に伴い、持続可能な社会の実現と低炭素時代への貢献に取り組むべく、いち早く『メガソーラ』という売電のための大規模な施設を秋田県に設置し、現在大きな利益を上げています。

住まいのことなら何でもお問い合わせください